V型エンジンって知ってる?読んでわかるエンジンの秘密

車にはエンジンが欠かせないものと言えますが、エンジンの種類には様々なものがあります。
ガソリンエンジンはシリンダーの中で混合器を爆発させることで、ピストンを駆動させます。
シリンダーの配置によっていくつかの種類のものに分けることができて、シリンダーが直列的に並んでいるものをストレート型、お互いに水平になるように配置されているものをフラット型、気筒を前後に一定の角度を付けて配置するものをV型と言います。
V型エンジンは、エンジンを前方から見たときに左右にピストンが振り分けられているために、V字型に見えることが呼び名の由来となります。
直列エンジンの場合には気筒数が増えたときにエンジンが長くなってしまいますが、V型であれば同じ気筒数であっても直列エンジンと比較したときに短くできる点がメリットになります。
そのために6気筒や8気筒、12気筒などの多くの気筒を配置するエンジンに採用されています。
スペースを小さくすることができるので効率的な面や、自動車によって縦置きや横置きを併用できる点もメリットと考えられます。
ただし、エンジン本体としての幅そのものが直列エンジンの場合よりも広くなってしまいますので、一定のボディの大きさの自動車に採用されることになります。

Comments are closed.