縦置き直列エンジンの仕組み

車のエンジンの種類には様々な構造のものがあって、シリンダーが直線的に並んでいる構造のものを直列エンジンと呼びます。
直列エンジンには直列4気筒や直列6気筒などの種類のものがありますが、直列エンジンを縦に配置しているもののことを縦置き直列エンジンと言います。
進行方向側にシリンダーが縦に配置されているものですので、縦置きという呼び名になっていますが、エンジンからミッションやドライブシャフトまでを一直線に置くことができるのでバランスが良い点がメリットとなります。
4気筒までのエンジンの場合には横向きに配置させているものがありますが、6気筒のエンジンでは縦向きのものが主流です。
6気筒以上のものになるとエンジンが長くなる特徴があるために、エンジンルームを大きくする必要があります。
そのために6気筒を超えるエンジンの場合には、多くのものがV型となっていて、6気筒を超える直列エンジンは少なくなっています。
直列エンジンでは気筒数が多くなるにしたがって振動を少なくすることが可能になって、上質なフィーリングの走行ができますが、エンジンが長くなるために重量が重くなってしまう特徴もあります。
フロントエンジンの自動車の場合には、エンジンルームが長くなってしまうために運転がしにくくなってしまいます。

Comments are closed.