エンジンオイルは点検してる?交換のタイミング

自動車は、購入後も定期的な点検が欠かせませんが、その中で最も大切なことの一つがエンジンオイルの交換です。エンジンは、オイルが潤滑の役割をはたして動いていますが、エンジンの使用によりオイルの分子がせん断され、潤滑性能が低下します。また金属磨耗粉などの混入によっても、性能が低下します。交換の時期は車種によって異なりますが、一般的には、前回交換時から、走行距離1万km~1万5千km、又は期間半年から1年毎の早く到達した方の時期と言われています。ハードな運転を行ったり、軽自動車やターボ、スーパーチャージャー車の場合は、もっと頻繁に行う必要も出てきます。タクシーの場合は、運転手により異なりますが、頻繁に行っている人も多いようです。タクシー運転手はオイルの重要性を認識している人たちです。ただしエンジンとオイルをなじませる期間も必要で、一概に回数を増やせばよいというものでもなく、適度に行う必要があります。オイルの性能は、一般的に価格が高くなるほど性能が良くなり、自動車への負担も軽減するようです。またエンジンフィルターは、オイルの不純物を取り除く働きがあり、やはりオイル2回にフィルター1回の割合で取り替える必要があります。

Comments are closed.