次世代型エンジン!最新のトレンド

自動車を走らせるのに欠かせないもの、それがエンジンです。この中でガソリンを燃やし、そのエネルギーでピストンを動かすことで、自動車は走ることができます。

特にどれだけスピードを出せるか、あるいはどれだけ効率的にエネルギーを生み出せるかということは、この内燃機関の性能によるところが大きいです。

そこで自動車メーカーも、次世代型のものを開発するのに余念がありません。特に地球温暖化対策として、燃費がよいエコな内燃機関を作ることが不可欠です。

たとえば直噴ターボは混合気の密度が高くなるため、燃費をよくでき、またパワーも生み出せるというメリットがあります。高流動燃焼によって出力を高め、排気量を減らす(=燃費がよくなる)などの技術が使われています。

なお、ディーゼルも以前は燃費はよいが環境に悪いというイメージがありました。しかしマツダはディーゼルにとても力を入れています。その要となるのは、環境負荷物質をクリーンにする技術です。ディーゼルは軽油ですから、経済的にもメリットがあります。

また、ノンスロットルと呼ばれる技術もあります。これはポンピングロスというエネルギーの無駄を省くことで、さらに効率的な走りを実現しています。